住み心地の良い、
「本物」の木の家。

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください

お問い合わせ 0575-22-5424

COLUMNコラム

リフォームで寒い家は暖かくなるか?!

リフォームで寒い家は暖かくなるか?!

 

 

リフォームのご相談で家が寒いというお悩みをよく聞きます。

それで、リフォームをすることで暖かく快適な生活をしたいということですが、実際にリフォームで住まいは暖かくなるのでしょうか?

 

結論を言ってしまうと、暖かくなります。

 

と言ってしまうと終わってしまうのですが、効果をしっかり体感できるくらいには改善します。

そもそも寒い家というのは、窓が大きくて多い、そして隙間が多い断熱が少ないもしくはない家で、30年以上前の住宅はそれらの全てが当てはまります。

昔はエアコンが一般的でなく、夏の暑さをしのぐためには、窓を開けて風を通すとか、深い庇で日射を遮る、扇風機を回すくらいしか方法ありませんでした。

一方冬は、石油ストーブや囲炉裏、暖炉、こたつなどを使ったり厚着をしたりすれば、それなりに温かくはなるので、暖かい部屋に家族が集まって過ごしていたのではないでしょうか。

 

そんな生活だったので工務店も「家のつくりようは夏をもって旨とすべし」という兼好法師の格言をまじめに実践していたのですね。

 

しかし、現在では生活スタイルも変わりエアコンが各部屋について、各々が各部屋で過ごすようになると、ストーブも燃料がたくさんいるし、エアコンだとちっとも温まらないという不満が出てくるようになります。

昔の大きなアルミサッシは断熱性能がほぼないので、熱はどんどん逃げていきますし。シングルガラスは結露するだけでなく、ダウンドラフトという現象をおこして冷たい空気が床に流れるので足元を冷やします。

また、暖房を入れると温まった空気は上昇して天井付近の隙間から出ていって、その代わりに床面付近の隙間から冷たい空気が入ってくるので、これではちっとも温まらないはずですね。

 

こういった現象を解消したのが、現在の高気密高断熱住宅の考えなのですが、これが理解できていれば、既存の住宅でも対策ができるよ、というわけなのです。

ですから弊社の断熱に関する技術や考え方は、新築・リフォーム共通で効果を発揮するのです。

他のコラム記事を見る

CONTACT US

家づくりのご相談・ご質問・資料請求など、
お気軽にご連絡ください。
平田建設のスタッフが丁寧に
ご対応させていただきます。